PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続ぶたがいたきょーしつ論

featギラギラメガネ団。何

俺の主張“Pちゃんを殺せないを感動にするのはおかしくないか”

理由;
1、そもそもの目的“ブタを肉とするまで責任を持って飼おう”を履き違えている。愛情が湧いたから殺さないんだ、という意見は農場の人達だってブタに愛情を注いでいることを考えてから言って欲しい。今回、ペットとして考えていた子どもがいるので、愛情といえど意識の違いはあるだろうけれど。
2、身近と他のなど、命を比べようとする姿勢は成り立たないと思う。
3、Pちゃんの死を痛む物語にしてしまったら、連れて行った食肉業者というのはどう扱うのだろうか。また、それを職業としていることはどういうことだと考えるのか。

その他;
ただ、“Pちゃんかわいそう”ということは感動ではないと思うこと。一つの否定的意見を書いておきたかった。
あと、この手の意見を書くときは自分の意見を誇張して立場をはっきりさせる必要があると思っている。俺だってブタを涙無く殺せるわけじゃないし、あの場で「殺せ!」というのが正しかったと思っているわけじゃない。


予想外に反響があったので自分ひとりで考え付く部分は書いてみた。
議論しているうちに新しい見方を得て思いつく部分もあると思うので、コレが全てではないでしょうけれど。
スポンサーサイト

| 私生活 | 20時43分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

なにやら長文のコメントを書いたのですが
どうも自分の主張が明確にならないので消しちゃいました><
回転の良い頭が欲しいです><


とりあえず頭が狂っている、は言いすぎだと思いますよ。
人は、それぞれ違う視点を持つものですから。


りんくすさんの意見が面白いですね。
確かにその通りだと思わされました。
この系の実践については私も教育学部に居たので
さまざまな言及をしましたが、なかなかこういう視点は持て無かったです(汗


もし、興味があれば鳥山敏子の鳥山実践を調べてみることをオススメします。
小学校で実際に行われた鶏を飼い、カレーにして食べる授業です。
秋田では残念ながら実施出来なかったそうですけれどね。

| 響 | 2008/10/31 14:03 | URL | ≫ EDIT

そうやって誰かの頭に残ることをしたなら嬉しいことです><

一応それは“極論”として否定したつもりです。もちろん、狂っているわけ無いと思います。それでも、あまり良くない表現には間違いなかったですね;

ありがとうございます、調べてみますね。

| りちゃあど | 2008/10/31 19:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://thirstysheep.blog118.fc2.com/tb.php/412-5f38136c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。