PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めての朝(俺シス

「・・・っ。・・・っ。」

もう朝か。あれ・・・誰かの声がするな。

「・・・アニキ、早く起きないと鈴凛ちゃん特製目覚まし“ウェイクアップ君”使っちゃうよ?」

鈴凛の声・・・?

ああ、そうか。鈴凛は昨日、家に来たんだっけ。

「アニキってば、こんなに可愛い妹に起こされるんじゃ不満なの?」

あの日、鈴凛は僕に告白をした。

それは僕の予想もしなかったことだったのに、僕はすんなりとその言葉を受け止めた。“鈴凛、僕も好きだよ。鈴凛がいいなら、一緒に暮らそう”と。

それから数週間が過ぎて、4月になったんだ。

昨日のように思い出せるけど、もうそんなに経ったんだ。妹達はどんどん魅力的になるし、時間って早いなぁ。

「アニキってばぁっ!もう、朝ご飯冷めちゃうよ?せっかく頑張って作ったのにー。」

ん、久しぶりだな。一人暮らしが多いと朝ご飯食べることも少なかったからな。よし、鈴凛今起きるよ。

「・・・キス、したら起きるかな・・・。あの日以来してないし・・・いいかなぁ・・・・」

「え、ちょ、鈴凛!?」

「あ、アニキ、寝たフリしてたの!?」

しまった、声が出た。

「アニキ、明日からはやっぱり鈴凛特製目覚まし“ウェイクアップ君”使っちゃうからね!覚悟してね!!」

うう、こういう類の発明品はスパルタなんだよなぁ。明日からは厳しい朝になりそうだ。

・・・それでも鈴凛と迎える朝なら、楽しみ・・・か。
スポンサーサイト

| シスプリ | 21時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://thirstysheep.blog118.fc2.com/tb.php/13-08cba2e4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT